暗号のコンパス Written by Netero

仮想通貨CULT(カルト)の特徴は?将来性や買い方を解説する!

仮想通貨

悩む人「仮想通貨のCULT(カルト)について知りたい。特徴や将来性・買い方など、購入前に知っておきたい情報を教えてほしい…」

今回は、こういった悩みを解説していきます。

本記事の内容

なお、本記事は公式サイト公式SNSホワイトペーパーの一次情報を元に執筆しました。

仮想通貨CULTが買える取引所

仮想通貨CULTは、大手仮想通貨取引所のBybit(バイビット)に上場しています。
バイビットは、初心者でも使いやすい取引所です。
Bybitで無料登録する

仮想通貨CULT

 

仮想通貨CULTは、現在の金融システムの崩壊を早める目的で作られた仮想通貨です。
政府の政策次第で国民の人生が左右される状態をくつがえそうとしています。

「カルト」という名前の通り、過激な思想を持っています…(‘Д’)

仮想通貨CULTはCult.DAO(カルトダオ)が発行している仮想通貨

仮想通貨CULTを発行しているのは、Cult.DAO(カルトダオ)です。
Cult.DAOは、国家権力を弱めるためにブロックチェーンを使った「権力分散型の社会」を実現しようとしています。

具体的な方法としては、権力分散型テクノロジーへの投資です。
Cult.DAOに集まった資金を使って、権力分散型テクノロジーに投資をすることで、国家権力を衰退させようとしています。

カルトという名前が付いていますが、やり方はわりと「まとも」ですね(‘Д’)

補足:権力分散型テクノロジーとは?

権力分散型テクノロジーの代表例は「ビットコイン」です。ビットコインは、誰のモノでもありません。

元々ビットコインは「国家の中央銀行の政策に影響を受けない通貨を作る」という目的で作られました。

仮想通貨CULTはCult.DAOのガバナンストークン

仮想通貨CULTは、Cult.DAOのガバナンストークン(投票用の仮想通貨)です。
CULTを持っていると、Cult.DAOが投資先を決定する際に投票ができます。

Cult.DAOの投資先の決め方

投資先の決め方は、以下3つの手順です。

  • ①上位50人のCULT保有者が投資先をCult.DAOメンバーに提案。
  • ②CULTを持っているメンバーが、投資先に投票
  • ③多数決で投資先が決定

トップ50名のCULTホルダーは「ガーディアン」と呼ばれ、その他のメンバーは「メ二ー」と呼ばれます。
ガーディアンは、投資先を提案できる権利を持ちますが、投票はできません。

自分の提案に投票できないようになっています。
かなり公平な仕組みだと思いました(‘Д’)

補足ですが、Cult.DAOのようにメンバーが投資先を決める組織を「分散型ベンチャーキャピタル」と呼びます。

仮想通貨CULTの3つの特徴

仮想通貨CULT

仮想通貨CULTの以下3つの特徴をご紹介します。

  • CULTをステーキングすると配当がもらえる
  • デフレトークン化している
  • 過去に120倍以上の高騰をしている

CULTをステーキングすると配当がもらえる

仮想通貨CULTをステーキングすることで、不労所得が稼げます。
CULTは、トランザクション(取引)のたびに0.4%の手数料がかかる仕組みです。

この0.4%は、CULTをステーキングしているユーザーに分配されます。
つまり、仮想通貨CULTが使われれば使われるほど、CULTを持っている投資家の利益が増えていきます。

デフレトークン化している

仮想通貨CULTは、デフレトークン化するように設計されています。
デフレトークン化とは、CULTの供給量が減っていき、残ったCULTの希少価値が高くなることを意味します。

どうやってデフレ化するかというと、CULTの手数料の0.4%のうち、50%がバーン(焼却)される仕組みです。
そのため、仮想通貨CULTは持っているだけで希少価値が高まります。

過去に120倍以上の高騰をしている

仮想通貨CULTは、過去に120倍以上高騰しました。
2022年3月25日~4月1日のたった5日間でCULTは120倍になっています。

仮想通貨CULT

10万円を投資していたら、1,200万円。ハイリスクなのはもちろんですが、草コイン投資はえげつない夢がありますね…!!

仮想通貨CULTの競合は?

仮想通貨CULT

仮想通貨CULTの競合にあたるのは、同じ分散型ベンチャーキャピタルの「ルクロサスキャピタル」です。
ルクロサスキャピタルは、ベンチャー投資を平等なものするというコンセプトで運営されています。

詳細は、以下の記事でまとめました。

仮想通貨CULTの将来性

仮想通貨CULTは、名前こそふざけていますが、中身は一般的な分散型ベンチャー投資をする事業です。
Cult.DAOの投資先の事業の価値が高騰するようであれば、仮想通貨CULTの追い風になるかもしれません。

とはいえですが、執筆時点(2022年11月20日)で仮想通貨は大暴落中です。
原因は、アメリカFRBの「利上げ」とみられているので、FRBが利上げを辞めない限りは投資は慎重に行った方が良いでしょう。

仮想通貨CULTの買い方

仮想通貨CULTは、Bybitで購入できます。
購入の手順は、以下の通り。

上記の通り。
手数料の安いビットバンクを利用しましょう。

最後に:仮想通貨CULTの将来性に期待

仮想通貨CULT

ということで、今回の記事は以上です。
仮想通貨CULTのコンセプトは独特で面白いですよね(‘Д’)

今後の成長に期待しましょう。

関連記事

 

最新の発信

普段の僕はTwitterで発信しています。
記事がタメになったと思ったら、フォローして頂けると励みになります<m(__)m>