【闇を暴く】イケハヤを好きじゃない僕がCrypto Ninja(クリプト忍者)を解説する!

「イケハヤさんがやっているCrypto Ninjaの評判が知りたいけど、ネットやSNSの評判はイケハヤのフォロワーが書いているから本音はいいづらいはず!とはいえ、アンチは無意味に嫌っているだけ。だれか公平に評価できる奴はいないのか?」

あなたは、こんな風に思いませんか?

今回は、イケハヤフォロー歴0年0ヶ月の僕がイケハヤさんが関与している作品・Crypto Ninjaを解説します。

 

この記事を書いている僕は、暗号投資歴4年。

NFTの情報も日々収集しています。

イケハヤさんのことも、彼が書いている本をきっかけに知りました。

おすすめ本にも推薦しています。(ファンではない。笑)

【厳選5冊+α】仮想通貨で勝ちたい人が読むべき本

Crypto Ninjaって結局なんなの?

(引用:Open Sea公式)

Crypto Ninjaは、イケハヤさんが発起人となっている、NFTアートシリーズです。

イケハヤさんが運営しているって言う人がいますが、Crypto NinjaのコミュニティーはDAOなので、運営ではありません。

DAOについては、こちらにまとめています。

DAOとは?活用事例・特徴をやさしく解説!

Crypto Ninjaのここがおもろい!

面白いところは、以下の3点です。

1.二次創作がある

2.トークンエコノミーを目指している

3.海外向けにマーケティングしている

 

1.二次創作がある

二次創作とは、Crypto Ninjaをクリエーターが自由にアレンジして販売することです。

この二次創作は、海外のNFT市場では起きていません。

(引用@FF_Buncho)

Crypto Ninja独自の仕組みで、ユニークな点ですね(‘ω’)ノ。

二次創作があることで、クリエーターはCrypto Ninjaファン・コミュニティーにマーケティングできます。

 

マーケティングの負担が減ることで、作品の品質も高められるし、別の作品を作るさいの資金も作れる。

DAOとクリエーターにとって、Win-Winですね

ちなみに、イケハヤさんは手数料をとっていません。

 

2.ガバナンストークンを発行予定

 

(引用:@IHayato)

ガバナンストークンとは、ざっくり株式の仮想通貨バージョン。

トークンを投票券として、DAOの運営に携わり、意思決定ができます。

このトークンには、価値がつくのが面白い点です。

 

コミュニティーの参加者が、Crypto Ninjaに貢献するとトークンの価値が間接的に上がります。(トークンを欲しいと思う人が増えるので)

この試みも、組織とクリエーターにとってwin-winです。

主体的にDAOに貢献するクリーエーターは、トークンを多くもらえる仕組みのはず。

そして組織が良くなれば、トークンの価値が上がるので、クリエーターは組織を「良くする」ために運営に参加できる。

 

ビットコイン同様、トラストレスなシステムです。

 

3.海外向けにマーケティングをできている

 

Crypto Ninjaの一部を、海外のコレクターが購入しています。

ビジネスの観点からみると、これは素晴らしいです。

 

日本は先進国の中で、物価が安く給料も上がっていない。

これからは人口も減少していき、経済が衰退する可能性が高いので日本人のみを相手にすると単価(収益)が上げづらいです。

 

一方で、海外では物価が上がっているので、日本の作品は安く買える状態。

つまり、海外向けに商売すると単価が上げやすい。

 

これからの時代は、海外向けに商売できるかどうか?は重要です。

忍者は海外ウケしそうなコンセプトですし、海外向けにマーケティングをできているのは好印象です(‘ω’)ノ

 

Crypto Ninjaの注目ポイント

Crypto Ninjaで、僕が注目している点は、「イケハヤさんの影響力に依存せず自律できるか?」です。

 

あくまで外から見るとですが。。。

今はイケハヤさんが「主催&運営」しているように見えます。

(頑張っているコミュニティーメンバーがいるのは承知)

 

この状態は、本当は良くないですよね。

Crypto NinjaはDAOで運営されているので、イケハヤさんの私物ではありません。

 

極論、イケハヤさんが死んでもDAOが繁栄するのが理想ですよね。

「Crypto Ninja」自体が評価された時に、プロジェクトは成功と言えます。

 

Crypto Ninja(クリプト忍者)を応援しようじゃないか

 

NFT,メタバース,GameFiなどは、日本人と最も相性の良い領域だと思います。

クリエーター大国の日本こそ頑張るべき。

 

Crypto Ninjaは、アンチもたくさんいるみたいですが、ぶっちゃけ日本の将来を考えるならアンチしている場合ではありません。

むしろ、国力を取り戻すために応援すべき。

 

現状、日本でトップクラスに機能しているCrypto Ninjaシリーズを今後もこっそり応援しています。

⇛この記事を読んで、コミュニティーに参加したいと思った方はここをクリック

この記事の著者

ネテロ起業家/投資家/講演家

仮想通貨に投資をして生活してます/飲み会が嫌で就職せず→FXを5年継続→暗号投資家/江ノ島に移住しました/投資で稼ぐ方法・最新の情報を発信。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る