【初心者向け】仮想通貨の基礎用語33個を一気に解説!

こんにちは、ネテロです。


仮想通貨のニュースを読んだけど何が書いてあるのかわからなかった。基礎用語がわからなくて勉強がはかどらないので、誰か用語をかんたんに解説してほしい。

こういった悩みに答える動画です。

 

仮想通貨のニュースやブログ記事は、単語が理解できるだけで一気に読みやすくなります。

この記事を見れば、情報収集がしやすくなってお金が稼ぎやすくなるはず。

 

それでは、単語を解説していきます。

関連するものを、できるだけまとめました。

 

1.コンセンサスアルゴリズム

 

日本語で「合意方法」

ブロックチェーンのブロックにデータを記録する際の承認ルールのことです。

 

2.PoW(プルーフ・オブ・ワーク)

 

コンセンサスアルゴリズムの1種。

膨大な計算をしてハッシュ値と呼ばれる関数を探して、最初に計算を終えた人がブロックを承認できる仕組みです。

ビットコインは、PoWを採用しています。

 

3.Pos(プルーフ・オブ・ステーク)

 

プルーフ・オブ・ステークは仮想通貨を多く持っている人ほど承認の役割を担う確率を高める仕組みです。

プルーフ・オブ・ワークと違って計算する必要がないので、電力が削減できるメリットがあります。

一方で、多くの仮想通貨を持っている人に権力が集中してしまう。という問題点もあります。

 

4.ノード

仮想通貨のネットワークに接続されているPC端末のことです。

 

5.P2P(ピア・ツー・ピア)

中心的な仲介機関を挟まずに、末端の端末同士が直接データをやり取りする仕組みです。

ユーザー同士のやり取り。という認識で問題ないと思います。

暗号資産は、P2Pが基盤になっていて、P2Pがあるからこそ、ユーザーが増えても送金・取引がスムーズに行えます。

 

6.トランザクション

トランザクション=ザックリと取引の記録という認識でOKです。

 

7.マイニング

暗号資産の売買取引を記録する作業です。

マイニングする人をマイナー。

マイニングすることで得られる報酬をマイナー報酬。と言っています。

 

8.マイニングプール

複数のノードが強力してマイニングを行う集団をさします。

個人でマイニングを行うよりも報酬を得やすいのがメリットです。

一方で、報酬の額は個人のマイニングよりも減ってしまいます。

 

9.半減期

ビットコインの発行枚数は2100万枚と決まっており、決まったブロックが生成されると発行枚数が半減します。

それにより、マイナー報酬も半減してしまいます。

半減期は21万ブロックが生成されたタイミングで来ていて、次は2024年になる見込みです。

 

10.プロトコル

プロトコルは元々IT用語です。仮想通貨における意味合いは、あるルールが実行されるための手順を定めた規定・取り決めのこと。

自動販売機を例にかんたんに説明すると、

「100円いれてボタンを押されると水を提供する。」

というルールが自動販売機のプロトコルです。

 

11.バリデーター

プルーフ・オブステークにおける、ブロックチェーンに記録するデータの内容が正しいか検証するノードをさします。

 

PoW=マイナー

PoS=バリデーター

 

という認識で問題ありません。

 

12.スマートコントラクト

 

ブロックチェーン上で契約を自動的に実行するシステムのことです。

最初にイーサリアム上で開発・提供がされました。

スマートコントラクトは自動販売機によく例えられます。

自動販売機は、ボタンを押せばジュースがでてきて、人を介さずに取引が自動で行われます。

まざに、スマートコントラクトです。

契約とは固いイメージですが、売買全般で使われます。

 

13.ガス代

スマートコントラクト上での取引手数料の名称です。

ガス代=手数料。という認識で問題ありません。

 

14.スケーラビリティー問題

 

・送金に時間がかかる

・送金が承認されない

・取引手数料が高騰する

 

こういった状態を、総じてスケーラビリティー問題。と言っています。

取引を記録するブロックに対して、取引が多くなりすぎると起こる現象です。

 

15.ライトニングネットワーク

ブロックチェーンの外で取引を行うことで、スケーラビリティー問題を解決する送金方法です。

 

16.シャーディング

シャーディングはブロックの検証作業をバリデーターのグループごとにわけて並列でトランザクションをすることです。

 

工場の生産ラインをイメージすればわかりやすいと思います。

工場は1つの商品を作るのに、それぞれ担当の部品をわけて作業することで効率をあげています。

シャーディングも、トランザクションを小さいグループごとにわけて行っています。

 

17.ステーブルコイン

安定した価格を実現するために設計されたコインです。

仮想通貨同士の交換だと、価格変動が激しく価値が定まりづらくなります。

テザー(USDT)やサークル(USDC)などが有名です。

 

18.Defi

Defi=Decentralized Finance 分散型金融の略称です。

金融サービスを行うアプリのことを言います。

スマートコントラクトを使って契約を自動で行うため、仲介手数料を省けるメリットがあります。

 

19.Web3.0 

現状のインターネットサービスをブロックチェーン上で再構築したものをさします。

ポルカドット創業者のギャビン・ウッド氏が考案しました。

 

20.NFT

Non -Fungible Token(非代替性トークン)の略称です。

世界に1つだけとブロックチェーンによって証明されているデータとも言えます。

画像だけでなく

・動画

・音楽

・音声

・文章

などもNFTにすることができます。

 

21.GameFi

GameとDefiの造語。

ブロックチェーンを使う事で、遊ぶだけで収益化が可能になるゲームの総称です。

基本的にNFTを使っているので、NFTゲームとニアリーイコールだと認識して問題ありません。

 

22.スカラーシップ

スカラーシップとは、初期費用のかかるNFTゲームで

NFTをすでにもっている人が、NFTを貸し出して収益を分配する仕組みです。

NFTを借りる人をスカラーと呼びます。

 

23.エコシステム

エコシステムとは、プラットフォームの経済圏のことです。

例えば、イーサリアムというプラットフォームの上にあるアプリをすべてまとめて、

「イーサリアムのエコシステム」と呼びます。

 

24.Dapps

Decentralized Applications(分散型アプリ)の略称です。

スマートコントラクトをベースとしたアプリ。という意味で使われます。

 

25.ICO

Initial Coin Offering (新規仮想通貨公開)のことです。

 

・クラウドセール

・トークンセール

・トークンオークション

 

とも呼ばれています。

新しいトークンを発行する際のプロモーション・資金調達として使われています。

 

26.IEO

Initial Exchange  Offeringの略称。

新規トークンを仮想通貨取引所が販売する仕組みです。

ICOは、トークンを売ってプロジェクトがなくなる詐欺が横行する問題点があります。

一方で、IEOはプロジェクトの信頼性を取引所が審査しているため、信頼性が高い仕組みです。

 

27.IDO

Initial Dex  Offeringの略称です。

IEOとは違い、中央管理者のいないDexがトークンセールを主導します。

IEOよりも仲介手数料が安いメリットがあります。

一方で、セキュリティが脆弱なのがデメリットです。

 

28.レンディング

仮想通貨を貸し出して利息を得ることです。

自分で取引をしなくても、利回りが得られるメリットがあります。

 

29.ステーキング

Posのコンセンサスアルゴリズムの元で、仮想通貨を保有しているだけで利回りが得られる仕組みです。

株式でいう配当に近いです。

 

レンディングとステーキングは利回りが得られるという点では、共通しています。

 

違いで言うと、

レンディングは、報酬が固定で貸し出す期間が取引所によって定められています。

レンディングできる銘柄も多いです。

 

一方で、ステーキングの場合は、報酬が変動する可能性があり、そもそもステーキングできる銘柄は限られます。その分、利回りが良い物があります、

(例外あり)

 

細かい決まりは、銘柄・取引所によって異なるのでよく確認しましょう。

 

30.ウォレット

仮想通貨をインターネット上に保管する電子財布のことです。

 

31.コールドウォレット

インターネットを繋いでいないオフライン上のウォレットです。

ネットに接続されていないため、ハッキングなどの攻撃を防ぐことができます。

 

32.ホットウォレット

仮想通貨をインターネットに接続された状態で保管することです。

メリットとしては、仮想通貨をすぐに取引ができる状態にしておくことができます。

 

この記事の著者

ネテロ起業家/投資家/講演家

仮想通貨に投資をして生活してます/飲み会が嫌で就職せず→FXを5年継続→暗号投資家/江ノ島に移住しました/投資で稼ぐ方法・最新の情報を発信。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る