【Maticに将来性あり】僕がポリゴンに投資する理由

こんにちは、ネテロです。


仮想通貨のポリゴンって将来性はあるのかな。ニュースでよく聞くけど、どんな仮想通貨かわからない。誰か教えて。

今回はこういった疑問に答えていきます。

この記事の内容

  • そもそもポリゴンとは何か?
  • ポリゴンに将来性を感じる理由
  • ポリゴンの懸念点

なお、この記事を書いている僕は、投資を軸に生計をたてています。

ポリゴンにも投資をしています。

Polygon(ポリゴン)とは?

ポリゴンとは、イーサリアムを多くの人に使ってもらうためのスケーリングソリューション群を作るプロジェクトです。

意味不明だと思うので、かみ砕いて説明していきます。

イーサリアムは現状ガス代(手数料)が高騰する問題が発生中です。

実体験として、10万円の送金をしたら手数料が1万3000円近くかかったことがあります。

これは、きついですね。

イーサリアムのガス代高すぎ問題は、ググれば事例が山ほどでてきます。


現状のイーサリアムのガス代は、NFT・Defiの新規参入者にとって高い障壁となっています。

そこで登場するのが、ポリゴンネットワークです。

 

Polygonポリゴンがどうやってガス代を解決するのか?

結論、ポリゴンはレイヤー2という技術でガス代を解決します。

レイヤー2は、既存のブロックチェーン(レイヤー1)システムの上に構築されるプロトコルのことです。

レイヤー2は、処理速度が速く取引手数料も安くなるのがメリットです。

ポリゴンは、手数料がほぼ無料で提供されています。

執筆時点で、手数料は平均0.5円。

(こちらのサイトで確認できます⇛https://polygonscan.com/gastracker)

 

ポリゴン独自の特徴は?

ポリゴン独自の特徴としては、スケーリングソリューションではなく、スケーリングソリューション「群」であることです。

レイヤー2自体は珍しくありません。

ただ、ポリゴンはさまざまなレイヤー2ソリューションを開発しています。

  • ポリゴンPoS(ポス)
  • ポリゴンSDK
  • ポリゴンAvail(アベイル)
  • ポリゴン Nightfall(ナイトフォール)
  • ポリゴンMiden(マイデン)

経営陣が元々ディベロッパー(開発者)ということもあり、開発力が群を抜いています。

現状の仮想通貨業界では、どのスケーリングソリューションが最終的に必要とされるかわかっていません。

しかし、ポリゴンは幅広く開発を進めているため、高確率でニーズのあるスケーリングソリューションを提供可能です。

 

Matic(マティック)に将来性を感じる3つの理由

ちなみに、ポリゴンが提供するトークンをMatic(マティック)と呼びます。

なので、実際に上昇するのはマティックです。

トークンをマティック。プロジェクトをポリゴンと呼んでいきます。

マティックの上昇要因は以下3つ。

  1. スケーラビリティーの課題解決が今後も必要
  2. 開発力がすさまじい
  3. 提携と買収が続いている

1つずつ解説していきます。

 

1.スケーラビリティーの課題解決が今後も必要

 

ポリゴンへの批判としてよくあげられるのが、「イーサ2.0へ移行したらポリゴンは不要になる。」というものです。

イーサ2.0はガス代が安くなるモデルなので、この批判がされるのは致し方ありません。

 

しかし、ポリゴンはイーサ2.0移行後も需要があると思っています。

理由は、ブロックチェーンの利用者が増加し続けている点です。

 

現状、仮想通貨を取引したり使ったりする人の人口はまだまだ多くありません。

利用者が増え続ければスケーラビリティーの課題が発生し、ポリゴンの需要は増え続けるでしょう。

 

この辺りは、コインテレグラフのポリゴン成長戦略者のインタビュー動画で詳しく解説されています。

https://www.youtube.com/watch?v=9SqcAV6OQI0

 

2.開発力がすさまじい

 

前述したように、ポリゴンはディベロッパー出身の役員が多いこともあり、「ディベロッパーファースト」を重要視しています。

ディベロッパー目線で開発に取り組めるのが強みです。

実際、2020年にわずか30だったポリゴン上のアプリは、2021年に3000まで増加しました。

ブロックチェーン企業・アルケミーのマイクガーランドは

「イーサリアムがこのフェーズだった時と比べると、2倍の速さで成長している」

こう述べています。

 

時代的に、今の方がブロックチェーン関連の開発者が多いことも要因だと思いますが、それを抜きにしてもすごい開発力です。

ポリゴンは「イーサリアムの補助的な役割」というイメージがあります。

しかし実際は、独立性が強くエコシステムは成長中です。

⇛(参考記事)

 

3.提携が続いている

 

直近のポリゴンの好材料を見ると、提携や新規事業への投資などまだまだ成長が予想できます。

好材料は次の通りです。

 

・PolygonとRadditの共同創設者のVCが2億ドルのWeb3投資ファンド設立

⇛(参考記事)

 

投資先はNFTゲームの企業Web3.0企業です。

投資先にポリゴンを接続。といったこともやりやすいと思います。

さらにポリゴンの実需が増えそうですね。

 

・国産NFTゲーム「マイクリプトヒーローズ」と提携

⇛ (参考記事)

日本の人気ゲームとポリゴンの提携です。

ポリゴンのNFTに特化した部門である「Polygon Studios(スタジオ)」がマイクリの拡大に強力します。

 

・大手分散型取引所のUniSwapがポリゴンと提携

⇛(参考記事)

ユニスワップと提携することで、ポリゴンの利用者は大幅に増えると思います。

2021年にDex全体の取引量は1兆ドルまで増加しました。

ユニスワップは、そのうち75%のシェアを獲得しています。

 

ポリゴンの懸念点

ポリゴンの懸念として、セキュリティが弱いことが挙げられます。

2021年12月末「重大なバグが見つかり240億ドルのトークンが危険にされされていた」というニュースが出ました。

2021年8月にも660億円がハッキングされています。

 

現在バグは修正されているものの、セキュリティ面での課題があることは明らかです。

参考記事

 

ポリゴンに将来性「あり」

課題はあるものの、ポリゴンの需要が増えることは間違いないと思っています。

投資をするかどうか悩んでいる人は、一度ポリゴンチェーンを使ってみましょう。

実際に使ってみることで、利便性に気づけると思います。

 

あくまで投資は自己責任ですが、僕自身はポリゴンに注目しています。

この記事の著者

ネテロ起業家/投資家/講演家

仮想通貨に投資をして生活してます/飲み会が嫌で就職せず→FXを5年継続→暗号投資家/江ノ島に移住しました/投資で稼ぐ方法・最新の情報を発信。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る