暗号のコンパス Written by Netero

【NFTゲーム】僕がポルカファンタジー(XPトークン)に投資した3つの理由

GameFi

「Web3.0版のファイナルファンタジーができるかもしれません。」

こんにちはネテロです。


「ポルカファンタジーっていうNFTゲームがかなり注目されているけど、投資する価値はあるのかな?基礎知識や将来性を誰か教えて。」

今回は、こういった疑問に答える記事です。

【本記事の内容】

  • ポルカファンタジーの基礎知識
  • 僕がポルカファンタジーに投資をした理由
  • ポルカファンタジーの懸念点


なお、僕自身は仮想通貨を軸に生計を立てており、NFTゲームをしたりゲーム銘柄に投資をしたりして収益をあげています。

わりと信頼性はあるかと。

※GameFiやNFTゲームが何かわからない方は、こちらの記事を見てから今回の記事を見ると理解度が増すはずです。

 

 

ポルカファンタジーとは?

ポルカファンタジーとは何か?公式サイトから引用しつつ紹介します。

PolkaFantasy(ポルカファンタジー)は、日本の2次元カルチャーに特化した世界初のNFTマーケットプレイス&ブロックチェーンゲームです

ブロックチェーン開発者と、ゲーム、暗号資産ファイナンスの専門家が各国から集結し、日本の2次元(アニメ・コミック・ゲーム等)文化を愛する世界中のファンに向けて立ち上げました。

(Polka Fantasy公式)

とのこと。

注目すべき点は、「日本の2次元カルチャーに特化している」という点です。

今までのNFTゲームは、日本の文化を世界に伝えるような内容ではなく、むしろ世界のゲームを僕らがプレイしていました。

 

しかし、日本のゲームや2次元文化のクオリティは世界一と言っても過言ではないはず。

目が肥えていて、NFTゲームのクオリティに納得できなかった人は多いのではないでしょうか?

僕もその1人です。

 

今回のポルカファンタジーは、日本基準のクオリティに近づけるのでは?と注目しています。

ゲーム内容は、詳細は明かされていませんがトレーディングカードを軸にした対戦バトルだそうです。

 

ポルカファンタジーの3つの特徴

ポルカファンタジーの特徴を、3つに絞るとしたら以下3点。

  1. 日本クリエーターの地位の向上を目指している
  2. クロスチェーンブリッジ対応
  3. 豪華な経営陣

1つずつ解説していきます。

 

1.日本クリエーターの地位の向上を目指している

 

ポルカファンタジーCEOのアレックス氏は日本のアニメや二次元が大好きだそうです。

そのため、日本のクリエーターをリスペクトしていて、日本人クリエーターの現状を変えようとしています。

 

一説によると、アメリカのアニメクリエーターの平均年収は700万円。一方で日本の平均年収は130万円。

収入は約5倍以上差がありますが、クオリティに5倍差があるとは思えません。

ポルカファンタジーのNFTマーケットプレイスを通じて、多くのクリエーターが活躍できるよう後押しするはず。

 

そうなると、より質の高いクリエーターが確保できて他のゲームとの差別化となります。

 

仮想通貨のレイヤー1プラットフォームは、いかに良いディベロッパー(開発者)をエコシステムに引き入れるかが鍵です。

ゲーム銘柄の場合、いかに良いアニメクリエーターが仲間になるか?重要だと思います。

余談ですが、ポルカファンタジーについて理解したい方はCEOのTwitterをぜひ見てみてください。

日本のアニメが好きなのがわかるし、音楽・ストーリーなど細部にまでこだわってゲームを作っていることがわかります。

また、進捗もまめにツイートしてくれるので、情報収集に最適です。

 

2.クロスチェーンブリッジ対応

ポルカファンタジーは複数のブロックチェーンによる運営を目指しています。

すでに、イーサリアムチェーン、ポリゴンチェーン、BSC間でのスワップに対応済み。

ポルカドットにも接続される予定です。

クロスチェーン対応になることで、わざわざトークンを交換する手間が減るし、ユーザーは手数料の安いチェーンを選択できます。

 

利便性が高い仕組みです。

 

3.豪華な経営陣

 

CEOのアレックスは、ムーンステークのCOO(最高執行責任者)兼ディレクターです。

ムーンステークは、ステーキングウォレットで、日本で馴染みのIOSTとも提携しています。

総ステーキング量は2000億円。

XPトークンもステーキング可能なトークンで、現在はネットワークがかなり混雑しているそうですが、今後ステーキングで運用できるのは間違いありません。

 

戦略アドバイザーの岡田氏は、ドラクエ、ファイナルファンタジーの提供元のスクエアエニックス米社長。

岩田圭介さんはエヴァンゲリオン、ポケモン、遊戯王のプロデューサーです。

 

また、松岡雅幸さんはPC版の遊戯王で3回世界ランキング1位を取得した経験を持つ、超一流プレイヤーです。

そして、1月28日に元スクエアエニックスのCTO(最高技術責任者)の橋本氏も参画が決定しました。

 

ポルカファンタジーの提携先

提携先、誰が投資しているか?は投資をする上で重要度が高いです。

パートナーも豪華です。

有名どころだと

  • イミュータブルX
  • チェインリンク
  • ポリゴン
  • チェインガーディアンズ

役員はゲーム業界ではかなりコネクションがあると思うので、今後も大型の提携が期待できます。

 

XPトークンが買える場所

XPトークンの買い方は、

  • ユニスワップ
  • パンケーキスワップ
  • クイックスワップ
  • ワンインチ
  • MEXC

 

このDEXとCEXに上場しています。

おすすめはパンケーキスワップ、ワンインチ、クイックスワップです。

手数料も安く操作もカンタンだと思います。

 

XPトークンの使い道としては

  • ガバナンストークン
  • ゲーム内トークン
  • ステーキング

この3つの機能があります。

 

XPトークンのロードマップ

チェックマークがついているのが、実行したタスクです。

 

最も重要なのは、もちろんゲームの正式ローンチ。

現状22年の第二四半期ということですが、おそらく遅れる可能性が高いです。

 

ロードマップ通りにはいかないことが多いですし、実際ポルカファンタジーはプロジェクトが遅延しています。

 

ただ、遅延することはよくあることで、遅延=問題があるわけではありません。

むしろ、ゲーム作りを妥協していないと捉える投資家もいるのでプラスに働くこともあります。

 

僕がポルカファンタジーに投資をした3つの理由

 

僕が投資をした理由は、次の3つ。

  1. 経営陣の実績
  2. ゲームのクオリティに期待できる
  3. CEOのビジョン

1つずつ解説していきます。

 

1.経営陣の実績

 

前述した経営陣の実績を見て投資を決めた人は多いと思います。

僕が最もひかれたのは、経営陣の実績でした。

 

既存の巨大ゲーム企業・スクエアエニックスもメタバース領域の参入を決めていますし、提携する可能性があります。

また、経営陣に実績があるということは、脚本やアニメーターにも実力者が多いはずです。

 

ここまで既存のゲーム業界で実績ある人が集まっているのは他社のゲームにはありません。

「優位性が高い」という判断をしました。

 

2.ゲームのクオリティに期待できる

 

現状のNFTゲームのクオリティは高くありません。

期待値も下がっているので、期待を超えるゲームを作りやすいはず。

 

グラフィックもキレイで、キャラのデザインもハイクオリティです。

最近のポルカファンタジーの記事から、気になって点を引用すると、

PolkaFantasyのテーマである「ファンタジー」に沿った、ストーリー性に富んだ作品を目指しています。メインストーリーだけでなく、これまでに公開されたすべてのキャラクターには、それぞれ固有のストーリーが用意されています。ゲームをプレイしていく中で、PolkaFantasyの壮大なストーリーを紐解くカットインシナリオも見ることができます。

 

こういったことが書かれています。

すべてのキャラクターにストーリーがついている。

 

キャラクターにストーリーを見せるというやり方は、まさに日本的ですよね。

今までのゲームに欠けていた点だと思います。

こういった細部へのこだわりは、ファンを多く囲う要因になるはず。

 

3.CEOのビジョン

 

CEOのアレックスは、TwitterスペースでたびたびAMA(質疑応答)を行っています。

ポルカファンタジーは、今後はメタバース領域にもゲームを進出させることが決まっています。

メタバース×NFTゲームは間違いなく成長産業なので、伸びしろが高いです。

 

また、今後はポルカファンタジー以外のゲームをローンチすることや、仮想通貨に精通していない人にもゲームを届けるため無料ゲームを出したい、と言っています。

 

こういったビジョンに共感する投資家やゲーマーは多いでしょう。

 

ポルカファンタジーの懸念点

 

「おいおいネテロ。いつも客観的な投資根拠を探せって言ってる割には、今回ずいぶん主観的な理由で投資していないか?」

そんな風に思っている方も多いと思いますし、

実際、ゲームがおもしろそう。っていう「期待」を込めて投資しています。

 

なので、ポルカファンタジーに投資をしていますが、リスクヘッジとして少額しかもっていません。

あくまでゲームをプレイしないとわからないからです。

ゲームをプレイして、本格的に投資していくか決めたいと思います。

 

また、海外のユーザーをどれだけ集められるか?にも注目しています。

ようは、海外向けのマーケティングですね。

 

ゲーム銘柄なので、ゲームが面白ければ人は集まると思いますし

ドラクエ・ファイナルファンタジーなどのゲームは海外でもヒットしているので

やはり「ゲームの質」が最重要項目です。

 

この記事はファイナンシャルアドバイスではないので、投資判断はDYORでお願いします。

 

考えが変わったり損切りをしたりする際は、Twitterで配信します。

TwitterYouTubeのフォローをお願い致します。