暗号のコンパス Written by Netero

【テンセット第4のGEM】FAMEトークンの特徴や将来性・買い方を解説!

アルトコイン


「仮想通貨・FAMEトークンってどんな特徴があるんだろう。FAMEトークンの基礎知識や仕組み、投資する前に知っておいた方が良い知識を知りたいな。」

今回は、こういった疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • FAMEトークンの特徴
  • FAMEトークンの将来性
  • FAMEトークンへの批判

なお、この記事を書いている僕は仮想通貨を軸に生計を立てています。
大手メディアでも仮想通貨に関する執筆の経験あり。投資家とライターの立場から執筆しています。

動画版はこちら

FAMEトークンとは?特徴や概要を解説!

FAMEトークの特徴を解説していきます。

FAMEトークン公式

FAMEMMAが発行する仮想通貨

FAMEトークンは、FAMEMMA(フェイムMMA)が発行する仮想通貨です。
FAMEMMAは、インフルエンサー同士が対戦する格闘技イベントです。
2018年にポーランドで設立されました。

以下、公式サイトからの引用です。

FAMEMMAは、ヨーロッパで最大のフリークファイト連盟であり、有名人、パーソナリティ、トップYouTuber、インスタグラマー、Twitch&TikTokのスーパースター、有名なプロアスリートが互いに戦うイベントを主催する最高の格闘技イベントです。

FAMEは現在、ヨーロッパで販売されたPPV(ペイ・パー・ビュー)でトップの販売記録を保持しています。

PPV=有料課金の動画配信。

インスタフォロワー70万人の女優がバトル

「インフルエンサーが出るって大会って言っても、そこそこ有名なだけで大して影響力ある人はでねぇんだろう??」

こんな風に思う人は多いはず。

僕自身もそう思って、誰がでているのか?調べてみました。

結果…めちゃくちゃ有名人がでとりました(/・ω・)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Marta Rentel(@martirenti)がシェアした投稿

美しい顔が台無しになってしまっているこちらの女性。
大会出場者でポーランドの女優のMarta Rentel(マルタレンテル)さん。
インスタグラムのフォロワーはなんと76万人。

日本で同じくらいのインスタフォロワーがいる女優だと米倉涼子さんや松岡茉優さん。

米倉涼子さんが格闘技の大会に出ると考えると、この格闘技イベントかなり面白くないですか??

日本のインフルエンサーが続々と参戦

日本の格闘家でYouTuberの朝倉未来氏がアンバサダーに就任。
FAMEトークンの知名度は急上昇しました。

青汁王子も購入を明言。

テンセット第四のジェム

FAMEトークンは、テンセット第4のジェムとして先行販売されます。
ジェムについては、こちらで解説しています。

第1~第3のジェム

  • カンガトークン
  • メタヒーロー
  • エバードーム

メタヒーローは5ヶ月で時価総額ランキングトップ100入り。
エバードームはプレセール価格の92倍まで上昇しました。
カンガトークンも、安定的に上昇してきています。

エバードームについてはこちら

FAMEトークンの3つの特徴

FAMEトークンの特徴を3つ厳選しました。

  • 資金がなくなる可能性が0に近い
  • 大量のSNSフォロワーにマーケティング可能
  • 強力なスポンサー

1つずつ解説していきます。

資金がなくなる可能性が0に近い

FAMEMMAは、すでに世界で人気の格闘技イベントで売り上げが立っています。
前述したように、PPV(ペイ・パー・ビュー)というユーザー課金形式のライブ配信を行っており、販売数は世界2位。
ヨーロッパ1位を記録しています。

直近で行われたFAMEEMMAの第12回大会は、約900円のPPVが50万人に売れました。
プレミアムチケットとグッズ販売・スポンサー収入をあわせて概算すると1度の大会で5億円〜6億円の売り上げは軽く超えています。

仮想通貨のプロジェクトでありがちな、「ビットコインが暴落して自社のトークンも暴落。」
「開発資金を確保できずに、プロジェクトがオワコン化」
といった状況には、FAMEトークンは99%ならないでしょう。

大量のSNSフォロワーにマーケティング可能

FAMEMMAは、すでに多くのフォロワーを獲得しています。

  • YouTubeチャンネル登録92万人
  • インスタグラムフォロワー129万人
  • フェイスブックファン22万人

直近のFAMEMMA公式YouTubeの動画は、200万回再生を超えていました(/・ω・)/

すべてのフォロワーにトークンを告知できると思うと、かなりのマーケティング効果があります。

強力なスポンサー | MetaHero・Ever Dome

メタヒーロー・エバードームがFAMEMMAの公式スポンサーになることが発表されました。

メタヒーローは、超リアルNFTの制作を推進するプロジェクト。
エバードームは、超リアルメタバースを作るプロジェクトです。

FAMEMMAもメタバースに参入する予定とのこと。
FAMEトークンは、格闘技×NFT×メタバースの3つの成長産業をかけあわせた事業で使われるトークンとなります。

また、MetaHeroのスキャン技術を使ったNFTは発行予定で、5月に行われる第14回目のFAMEMMAイベントでメタヒーローのスキャンマシンが大会に持ち出されるそうです。

FAMEトークンの上昇要因 | 4つの上昇要因

FAMEトークンの将来性「あり」と思う部分をツイートしました

このツイートを深掘りしていきます。

決済手段としてFAMEトークンを使用


FAMEMMAは、FAMEトークンでのPPVの決済を予定しています。
また、仮想通貨に精通していない人でも簡単にPPVを購入しやすい仕組みを作るそうです。

具体的には、クレジットカード決済した時に、Dexから法定通貨とFameを変換して決済できるようにする予定です。
実現すれば、トークンは相当の需要が生まれて買い圧力となります。

フランチャイズ展開

FAMEMMAのビジネスモデルは、フランチャイズで世界に展開予定です。
すでに交渉中の国があるとのこと。

フランチャイズ展開がうまくいけば世界中でFAMEトークンが使われる可能性があります。
FAMEMMAはすでにPPVで実績もあるため、高確率でフランチャイズは成功するのでは?と思っています。

ブロックチェーンゲームのローンチ予定

FAMEMMAは、2022年に2つのPlay to Earnゲームをリリース予定です。
ゲームソフトメーカーと共同でゲーム開発をしていて、詳細は明らかになっていません。

とはいえ、P2EがリリースされればFAMEトークンはさらに実需が増えます。
個人的には、エバードームの超リアルメタバースでメタヒーローの超リアルNFTが戦う格闘ゲームがあれば面白そうだなぁ。と期待しています。

後は、出場したインフルエンサーのキャラ化ですね。
「米倉涼子で戦えるゲーム」とかかなり人気がでそうです。
※あくまで憶測です。(笑)

ちなみに、ゲームの第二弾はMetaHeroで使われる高度な写真測量技術を使ったゲームになる予定です。

ファイター報酬はFameトークンで支払われる

僕が最も面白いと思った点は、ファイター報酬がFameトークンで支払われる点です。
出場したインフルエンサーが暗号資産を持てばかなりのマーケティング効果が見込めます。

インフルエンサーは、基本的にトークンの価値が上昇するようなポジションをとるはずです。
企業側は、トークンを渡すだけで広告費用をかけずに、トークンをPRできます。
まさに、トークノミクス(トークン経済圏)です。

FAMEトークンの懸念点

FAMEトークンの懸念点として、SNSで見かけたものをまとめました。

結局、PPVの売り上げは法定通貨に換金される

PPVの決済をFAMEトークンにしたところで、FAMEMMAの経費は法定通貨で支払われるでしょ?
という意見です。

PPVの売り上げが団体の維持費にもなるので、確かにその通りですね。
会場費や人件費は、FAMEトークンで支払われてもみんな困るでしょうから。

この辺りの仕組みは公表されていないので、何とも言えませんね。
とはいえ、FAMEMMAはPPV以外でも収益が大きいはずです。

例えば、YouTubeの広告収益・スポンサー収入・グッズ販売・アパレル….etc
不確実ですが、団体が売り上げのFAMEトークンをごっそり法定通貨にするメリットはないと思います。

PPVで売り上げなんてたたない

日本のように格闘技を無料のTVで見るのが当たり前の国はたくさんある。
PPVなんて世界で流行らない。といった声もありました。

僕は、PPVの売り上げは普通に上がると思います。
日本の格闘技イベントRIZINの約4000円のPPVでも概算で3万件〜4万件以上は売れていると言われています。
少なく見積もっても、1億2000万円以上は売り上げ。

そして、FAMEMMAのPPVがすでに売れているのが何よりの根拠です。

もちろん、投資をする人はどんなマイナス要因があるのか?考えてから投資をしましょう。
また、SNS界隈ではFAKEニュースや根拠のない噂が横行すると思うので、必ず公式サイトやSNSから情報を入手するようにしましょう。

FAMEトークンの買い方

FAMEトークンは、まず4月25日にテンセットのジェムとして限定的に販売されます。
テンセットのジェムは、約300万円分のテンセットトークンを1年以上ロックしていないと割り当てられません。

「そんなにテンセットトークンロックできねぇよ~」って方は、取引所の上場を待つ必要があります。

どこの取引所に上場するかはまだ発表されていません。
まぁ、普通に考えたら、ポーランドの取引所・カンガエクスチェンジだと思います。

カンガエクスチェンジの口座開設方法と10%手数料が割引になるリンクを貼っておきます。
まだ口座開設していない方は、無料登録しておきましょう。

カンガ取引所 | 無料登録

最新の情報はTwitterYouTubeでしています。興味がある方はどうぞ(‘ω’)ノ