暗号のコンパス Written by Netero

【仮想通貨DEP】Job Tribesの特徴や将来性・始め方を解説!

NFTゲーム


NFTゲームのJobTribes(ジョブトライブス)ってなんだろう。ゲームを始める前に知っておいた方がいいことが知りたいな。ついでに始め方も教えてくれると嬉しいな。

今回は、こういった疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • Job Tribesの概要
  • ゲーム内通貨・DEPについて
  • JobTribesの始め方

この記事を書いている僕は、仮想通貨を軸に生計を立てています。
大手仮想通貨のメディアでも執筆経験あり。投資家・ライターの立場から本記事を執筆しました。

動画版はこちら

Job Tribesの概要を解説する!

Job Tribes=職業が擬人化したNFTゲーム

Job Tribes公式

JobTribesは擬人化された職業がキャラになる対戦型のトレーディングカードゲームです。
たとえば、外科医とエンジニアがバトルしたり、アイドルと漁師がバトルしたりできます。もちろん職業のカードはNFTです。

あなたの職業はどれくらい強いか気になりませんか?


自分の仕事はどんな風にゲームに登場するのか?気になりますよね?

また、JobTribesの制作陣が日本人ということもあり、日本で有名なアニメに関わっているクリエーターがイラストを書いています。
この外科医を書いているのは、RAVEやフェアリーテイルを書いている真島ヒロ先生です(‘ω’)

カッコいい…..(・ω・)ノ

ホワイトペーパーには、たくさんのクリエーターが掲載されていました。
個人的には、エリアの騎士の作画の月山可也(つきやまかや)さんがいるのが嬉しかったです。

ゲームの始め方は、記事の後半で解説しています。

Job Tribes ゲーム内通貨 | ディープコイン(DEP)

Job Tribes のゲーム内通貨は、ディープコインです。
ディープコインは、日本の金融庁に認可された取引所・Bit Pointで取引できます。

DEP=日本国内で取引された初のゲーム系仮想通貨

DEPの投資におすすめ取引所=MEXC

DEPは、大手暗号資産取引所のMEXCにも上場しています。
MEXCは、新規発行するコインを多く取り扱っており、手数料も割安。
サクッと無料登録だけでもしておきましょう。⇛MEXC無料登録

JobTribes運営会社 | DEA

DEA=Web3エンタメで世界No.1を目指す企業

ディープコインの運営会社は、Digital Entartainment Asset Pte.Ltd (通称:DEA)。
本社はシンガポールですが、創業者・開発チームは日本人で構成されています。

NFTゲームプラットフォーム | Play Mining

Play Mining 公式

DEAは、Game Fi プラットフォームの「Play Mining 」を運営しています。
Job Tribesも、「Play Mining 」の中の主要ゲームです。

Play Miningは、今後も魅力的なゲームをリリース予定です。
直近で発表されたものだと、

上記2点がリリースされました。
Play Mining経済圏はどんどん拡大しているので、今のうちにチェックしておきましょう。

Job Tribesの3つの特徴

JoB Tribes にしかない強みを3つ厳選しました。特徴は次の3つ。

  • その①:ゲーム内NFTはアートとしての価値もある
  • その②:スカラーシップ制度
  • その③:実績抜群の創業者・開発陣

1つずつ解説していきます。

その①:ゲーム内NFTはアートしての価値もある

Job Tribes のNFT=アート作品

前述したようにJob Tribesでは、多くの有名日本人クリエーターがカードの作画を書いています。
直近の事例だとJob Tribes は

  • カイジ
  • ドラゴン桜2
  • インベスターZ
  • ヤッターマン

など、超人気のキャラクターとコラボをしています。

従来のゲームは、ゲーム内で希少価値があるNFTにのみ、高値がついていました。
たとえば、Aというゲーム内で使われているNFTは、Aというゲーム内でどんなに高値がついていてもゲームを知っている人にしか価値は伝わりません。

一方でJob Tribes は、自分がゲーム内で獲得したNFTをゲームをやっていない人にまでリーチして価値を証明できます。
あなたが獲得したNFTは、大きなユーティリティを持つことになります。

その②:スカラーシップ制度

スカラーシップは、NFTの初期費用を払ったオーナーがNFTを貸し出す仕組みです。
NFTを借りるゲーマーは、無料でプレイできて収益もでます。

「ゲームで稼いでみたいけど、初期費用がネックなんだよなぁ…」
「NFTに投資する余裕はあるけど、ゲームをやっている時間がないんだよなぁ…」

こういった方のニーズに答えられるのがスカラーシップです。

2021年、フィリピンで大流行したアクシーインフィニティもバズのきっかけは「スカラーシップにあり」と言われています。

また、スカラーシップは単純に「お金が稼げてWin-Win」みたいな話ではなく、「世界の貧困格差を是正する」といった社会的意義があります。


あたらしい経済の記事で、フィリピンのスカラーから投資家への感謝のメッセージが掲載されていました。
記事を読めば、スカラーシップがお金だけを生むものではないとわかるはず。

スカラーシップがあることで、JobTribesには多くの投資家・ゲーマーが参入しやすくなります。

その③:実績抜群の創業者・開発陣

(DEA公式)

前述したように、DEAの創業者・開発陣は日本人で構成されています。
DEAは、2018年に設立されました。

代表は吉田直人(よしだなおひと)氏。
ゴローさん(吉田氏の愛称)と僕は勝手に呼んでいます(笑)

東証マザーズ上場企業の株式会社イオレの取締役会長です。

  • 人材事業
  • コンテンツ事業
  • メディア・アドテク事業

計3社の企業を上場させている連続起業家でもあります。

チームメンバーの出身企業

  • 三菱UFJモルガンスタンレー
  • Netflix
  • 博報堂 

チームメンバーの山田さんのインタビュー記事はこちら。

最近だとDEAは、同じく日本人の創業者が運営する「Astar ネットワーク」と提携が発表されました。

超簡単 | Job Tribesの始め方

Job Tribesの始め方を解説していきます。サクッと登録可能です。
登録は完全無料、メールアドレスがあれば小学5年生でもサクッとアカウント作成できます。

※PC画面で説明していますが、スマホ操作の方もやる作業は同じなのでご安心を(・ω・)ノ

まずは、JobTribes公式サイトから「今すぐプレイする」をクリック。

新規登録をクリックします。

ゲームの遊び方のチュートリアルが始まります。

画面右側の矢印を押すとスキップできます。

チュートリアルが終わると、メールアドレス入力欄がでてきます。

メールアドレスを入力すると、メールが届きます。

届いたメールのリンクをひらきましょう。

再度ログインすると、ゲームがスタートします。

始め方は、以上です。超簡単です。

エンタメ消費でお金を稼ごう!

Play MiningにはJob Tribes以外にもLucky Farmer というゲームがリリースされていたり、Job Tribesのメインストーリーに金田一少年の事件簿を手がけた樹林 伸さんが関わっていたりと、見どころはたくさんあります。

他にも注目ポイントはたくさんあるので、公式サイト公式SNSから情報を入手してみてください。
投資判断はDYORでお願い致します。

その他SNSの発信はこちら

JobTribes・ディープコインについての僕の最新の情報が知りたい方は、TwitterYouTubeで発信しています。興味がある方はどうぞ(‘ω’)ノ