暗号のコンパス Written by Netero

【世界大異変】ジム・ロジャーズの投資手法(書評)

Book 投資

世界3大投資家と呼ばれるジム・ロジャーズの投資手法に興味はありませんか?

本記事で、ジム・ロジャーズの著書を元に、彼の投資手法を解説していきます。
参考になっているのは、「世界大異変」という本です。

いきなりですが、次のビットコインのチャートをご覧ください。

2021年の5月から上昇トレンドを形成して、同じ年の11月に暴落が始まっています。
このチャートを見て、多くの人はこんな風に思うはず。

「あー。5月に買って11月に売ったら、ボロ儲けできたなぁ….」
どうでしょうか?僕はこのような気持ちになりました(笑)

衝撃なんですが、世界には5月の上昇と11月の暴落を予想して実際にやってのけた人がいます。それがジム・ロジャーズです。

「何でそんなこと予想できるんだよ…」

あなたがもし、今こんな風に思ったとしたら、彼の本を読むことをおすすめします。

世界大異変はこんな人に読んでほしい

  • 投資のパフォーマンスを上げたい
  • 世界がどう変化していくのか気になる….
  • 日本人は今何をすべきなのか?具体的に教えてほしい

ジム・ロジャーズの本では、次のようなことが書かれています。

  • 円安・インフレが続く中で日本人は何に投資をすべきか?
  • 世界経済の展望
  • 投資で勝つために必要なこと

具体的に「何に投資をすべきか」ということまで書かれています。
まさに投資家必見の本ですね。

本記事は、

「忙しくて本を読めないから、サクッと要点を教えて..!!」
「本をスラスラ理解できるように、前提の知識を教えて..!!」

こんな風に思っている方へ向けて執筆しました。

本記事の内容

  • ジム・ロジャーズの投資手法
  • 投資のスキルを磨くためにすべきこと

ジム・ロジャーズの投資手法

結論は「安く買って高く売る」のみです。
当たり前じゃないか?と思うかもですが、ジム・ロジャーズの考え方を引用しつつ解説します。

1つ質問させてください。
この記事を読んでいるあなたは、以下の投資先を有望だと思いますか?

  • 北朝鮮
  • ロシア
  • 農業

有望どころか、こんな風に思いません?(笑)

  • 北朝鮮⇛え、北朝鮮?何となく嫌いだな。経済成長なんてしないでしょ…
  • ロシア⇛ロシアって成長するの?戦争してるじゃん…
  • 農業⇛農業って小麦とかとうもろこしでしょ?そんなの薦めてる人いないし、よくわからん。

上記のように思う方は多いはず。僕自身もこう思いました。
しかしながら、上の3つはジム・ロジャーズが「有望」と言ってる投資先です。

「安く買って高く売る」とか「みんなが注目していないものに投資をする」というのは、投資の鉄板ですよね。
聞いたことのある人は多いでしょう。

とはいえですが、世界三大投資家の「皆が注目していない」の基準はハンパなかったです(笑)
ジム・ロジャーズ自身は、次のような考え方を持っています。

  • 皆に嫌われているものはチャンス
  • 暴落は買いである
  • 人よりも先行して買うのは勇気がいるがその代わりに稼げる

まさに、安く買っているんですね(笑)
ジム・ロジャーズの「安く買う」の基準にビビりました…w

北朝鮮とか買う気にならんでしょ。って皆が思っているということは、チャンスなんですね。
ちなみに、北朝鮮やロシア・農業が「買い」である理由は、「世界大異変」の中でも語られています。

投資のスキルを磨くためにすべきこと

「安く買って高く売る」と言っても、何でもかんでも安く買えば良いというわけではありません。
ジム・ロジャーズは、有望な投資先を見つけるためには「歴史」と「哲学」を学んだのが役に立ったと言っています。

「….???」って感じですよね(笑)
わかりやすく解説していきます(/・ω・)/

歴史を学ぶ理由

歴史を学ぶ理由は、未来を予測するためです。
なお、ここで言う歴史とは「金融の歴史」です。

織田信長がどうとか鎌倉幕府ができた年号とかは関係ないので、学校の勉強で歴史が嫌いだった人はご安心を<m(__)m>

さて、質問です。
次の文章は、いつの時代の話だと思いますか?

  • 日本経済はバブル崩壊後、長期の経済停滞に直面。日本経済の株価はピーク時の4分の1に落ち込む。また、不況の時代に都合が悪く大震災がかさなり、さらに経済は悪化。その後、日銀が大量の国債を発行してジャブジャブとお金を刷り、一時は株価が回復するものの、物価が高騰して庶民の生活が貧しくなる。

あなたの気持ちを予想してみます。

「え、今の日本でしょ、これ。1990年代にバブル崩壊して景気が悪化。東日本大震災が来て、不況が続く。安倍総理が経済成長をかかげて異次元の金融緩和で大量の国債発行。結果、株価は上がるも円安になってインフレがヤバイ。」

こんな風に思いませんでしたか?
だとしたら、歴史の重要性が伝わると思います。

というのも、先ほどの文章は「戦前の日本の状況」だからです。
今とまったく同じ状況ですね…

詳しくは省きますが、戦前の日本は今の日本と同じ悩みを抱えていました。
つまり、歴史を繰り返してるんです。

歴史を学ぶのは、過去に起きたことと同じことが何度も未来で起きるからです。
投資家として、未来を予測したいなら「金融歴史」を学びましょう。

ジム・ロジャーズの未来予測の根拠はすべて「過去にも同じことが起きているから」です。
歴史は重要ですね。

歴史を勉強したい方はこちらどうぞ。

「お金と歴史」に特化したおすすめの本は、以下です。

「勉強してみたい」と思った方は、どうぞ。

本記事の文章も、お金は歴史で儲けなさいを一部参考にさせて頂いています。

哲学を学ぶ理由

哲学を学ぶ理由は、「思考力」を鍛えるためです。
哲学的な思考には、主に2種類あります。

  • 観察した事実から結論を導く「帰納法」
  • 純粋に論理をもとに結論を導く「演繹法」

どちらの力も投資には欠かせませんね。

かんたんに具体例を挙げると、

  • ①:とうもろこしの価格が下がる
  • ②:原材料が安くなるので、コーンフレークの会社の業績が上がる
  • ③:業績が上がればコーンフレークの会社の株価が上がる

言われてみれば当たり前かもですが、人から言われて「あぁ、そうだな。」って思うのと、自分で「ハッ..!!」と気づいて結論を出すのはエライ違いがありますよ。

なぜかと言うと、人間は教わったことは簡単に忘れますが自分で気づいたことは一生忘れませんから。
たくさん気づいたり人に流されないようにしたりするために、自分で考える必要があります。

ちなみに、ジム・ロジャーズは大学で哲学を学んでいました。
当時、授業では身体を一切動かしていないのに頭がグッタリしすぎて動けなかったらしいです。

頭の中がパンクする程、考えていたとか…w なんだかレベチですね(‘Д’)

哲学を学びたくなった方におすすめ

「哲学」と言っても、難解な本を読む必要はありません。(ジム・ロジャーズが言ってます。)
大事なのは、考えること。

この本は「現代人が持つ悩みを過去の哲学者が解答する」という本。
読みやすくておすすめです。

kindleアンリミテッドなら初月無料で読めますよ。

1ヶ月で解約すれば、お金はかかりません。
無料でkindleアンリミテッドに登録する

最後に:本を読んだら行動しよう

本記事は、そろそろ終わります。ここまで読んでくれてありがとうございました。

最後まで読んでくれた方には、本音をぶちまけときます(笑)
耳障りが悪いと思ったら、スルーしてください<m(__)m>

「ジムロジャーズの本を読んで、勉強になったー-….!!」と思った人の99%の方の人生は好転しないと思います。
理由は、知識をつけて満足して終わるからです。つまり、行動しません。

僕もその気持ちはわかりますよ。勉強していると前に進んでいる感覚を味わえます。
しかも、勉強だけなら痛みを伴わないので楽です。

とはいえ、実際に人生を良くするのは「行動」です。
知識をインプットしたら、バランスをとるためにアウトプット(行動)しましょう。

なお、ジム・ロジャーズの著書・「世界大異変 現実を直視し、どう行動するか?」は、Amazonオーディブルに入っています。

オーディブルは、聴く読書です。
初月無料ですき間時間にインプットしましょう。
初月で解約すればお金はかかりません。

世界大異変を無料で聴く

なお、アウトプットって言っても何をすれば良いかわからない。という方はブログがおすすめ。
ブログは、簡単に作れて思考が整理されます。
99%の方は、行動なんて後回しです。サクッとブログでアウトプットして1%の人材になってください。
(記事のタイトルは仮想通貨ブログですが、以下の記事のやり方で普通のブログも作れます。)