暗号のコンパス Written by Netero

【参加無料】NFT・LLAC(Live Like a Cat)の特徴や将来性を解説する!

NFT


弟子猫

NFTコレクションのLLAC(Live Like a cat)に興味がある。LLACの概要や将来性、NFTを買いたい人がやっておいた方がいい具体的な行動を教えて。


師匠猫

OKにゃ。

本記事の内容

  • LLACとは?概要を解説する
  • LLACの特徴や将来性
  • LLACを買いたい人がやるべき準備

LLACは将来に期待が持てるNFTコレクションなので、これからもっと注目度が上がってくるはずです。
今の内に記事をサクッと読んで、LLACについて理解しておきましょう。

NFTコレクションLLACとは?概要やチームメンバー


LLAC NFT

LLAC(Live Like a Cat )の概要

  • コレクション名 : Live Like a Cat 
  • リリース日: 2022年12月28日12:00~
  • 販売価格 : 0.001ETH(約200円)
  • 発行枚数 : 22,222体
  • 公式コミュニティ : https://discord.gg/m4VxsxxKXc 

コンセプトは猫のように生きる

LLAC(Live Like a Cat )は、猫をモチーフにしたNFTコレクションです。

人間の世界では、「お金」や「人間関係」に関する悩みがつきないですよね…
そんな人間の悩みから脱却して「猫みたいに気楽に自由気ままに生きよう。」というのがテーマとなっています。

創業者はしゅうへい氏

LLACの創業者は、インフルエンサーのしゅうへい氏です。
受講者18,000人の「フリーランスの学校」を運営しています。
数字からわかるマーケティング力がエグイ…( ゚Д゚)

 しゅうへい氏は、Voicyはじめ各SNSでフリーランスの「ライフスタイル」について発信していました。
LLACのコンセプトが「ライフスタイル」に関係しているのも納得です。

リードデザイナーは猫森うむ子さん

猫森うむ子さんは、「猫型クリエーター」として活動しているクリエーターです。
フリーランス歴は15年以上。
LLACを始める前から猫に特化したデザインで支持をえていました。

うむ子さんの発信を見ていると、ただイラストを作っているだけではなくLLACのコンセプトをイラストで表現しているとわかります。

マーケティングアドバイザーはイケハヤさん

国内最大級のNFTコミュニティ「Ninjya DAO」を運営しているイケハヤさんがマーケティングアドバイザーです。
イケハヤさんがマーケティング担当をしたCNP(Crypto Ninjya Partners)は日本で1位の時価総額。

マーケティングのプロであるイケハヤさんが運営にいることで、LLACに期待している人は多いのではないでしょうか?

LLACの特徴や将来性 | 初心者におすすめのNFT

LLAC NFT

LLACの注目ポイントは、次の通り。

  • LLACにはユーティリティがある
  • 販売数が多く低価格なので購入しやすい
  • コミュニティに学びがある
  • WL(優先購入権)の設計を工夫していて価格の安定が見込める

1つずつ解説していきます。

LLACはリアルなモノやサービスとつながっている

LLACは、ユーティリティ(NFT保有者特典)があると発表されています。
アート作品としてだけでも十分に魅力的なLLACですが、持っているだけで何かしらの特典を得られるならさらに価値は高まりそうですよね?

なお、LLACの具体的なユーティリティはまだ発表されていません。
現時点では、「リアルなサービスやモノと繋がっている」ことだけわかっています。

ユーティリティがあることで、LLACの価値は高まります。

販売数が多く低価格なので購入しやすい

LLACは、初心者が手に取りやすいNFTコレクションです。
販売数は22,222体でリリース価格は0.001ETH(約200円)。

NFT初心者の方が、いきなり10万円~のような高級コレクションを買うのはハードルが高いですよね…
LLACのNFTであれば「初めてのNFT」に選ばれやすいはずです。

コミュニティに学びがある

 LLACのコミュニティでは、交流はもちろん「学び」で溢れています。
コミュニティが商品でも問題ないのでは?と思うくらい有益な内容の投稿ばかり(/・ω・)/

具体的には、

  • NFTのアイディア・企画
  • マーケティング方法
  • 公開前のイラストの制作過程
  • NFTの情報交換
  • ブロガーの交流

上記のようなテーマのスレッドがコミュニティ内にあります。
NFTや副業に関する勉強がしたい….!!って方にはうってつけのコミュニティです。

WL(優先購入権)の設計を工夫していて価格の安定が見込める

しゅうへい氏の発信を見ると、NFTのWL(優先購入権)の配布方法を工夫していることがわかります。

WLは、NFTをリリース価格で買える権利です。
つまり、WLをもらえば初期投資家になれるので、利益を出せる確率は大幅に上がります。

というのも、WLを適当に配ると短期的なトレーダーにWLが渡ってしまい「売り圧力」となってNFTの価値が上がりづらくなるからです。

LLACでは、WLの取得方法を明言していません。
しゅうへい氏のツイートによると「コミュニティ参加&活動してくれてる人」がWLの対象みたいです。

LLAC NFT

しゅうへい氏ツイート

また、しゅうへい氏はVoicyにて以下のような人にWLを配布したいと発信しています。

  • レトロアクティブ=過去を振り返った時に貢献してくれた人
  • 継続的にLLACコミュニティで活動している人

いずれにせよ、LLACのWLの設計は「簡単にもらえる」ようなものではないので、リリース後に価格が安定する可能性が高いと予想できます。

LLACを買いたい人がやっておくべきこと

LLACのNFTが欲しい…!!と考えている方が、リリースに向けて今すぐやっておくべき行動を具体的にまとめました。
以下4つです。

  • コミュニティに入る
  • NFTセミナーの受講
  • 運営メンバーの発信をチェック
  • 手数料が安い仮想通貨の取引所に登録しておく

コミュニティに入る

まだコミュニティに入っていない方は、参加してみましょう。
もちろん、無料で参加できます。

コミュニティ内は、この記事で紹介しきれないくらいのチャンネルがあるので、きっと自分に居心地の良い場所が見つかりますよ(/・ω・)/

LLAC公式サイト

NFTセミナーの受講

しゅうへい氏は、NFTセミナーを開催しています。
NFTセミナーは、LLACの話が聴けるだけでなくNFTの知識がアップデートできるような内容です。

 NFTセミナーに参加してみたい方は、上記ツイートの登録フォームから案内を待ちましょう。

運営メンバーの発信をチェック

LLACの運営メンバーである3人の発信をチェックすることで、リリース前のLLACの情報がわかるようになります。
各SNSは、以下にまとめました。

運営メンバーの発信を追って、LLACの情報を逃さないようにしましょう。

手数料の安い仮想通貨の取引所に登録しておく

LLACは、イーサリアム(ETH)という仮想通貨を使って売買されます。
まだ仮想通貨を持っていない方は、取引所の登録をしておきましょう。

なお、初心者向けの取引所としては「ビットバンク」がおすすめです。
ビットバンクは、(手数料の高い)販売所ではなく取引所形式でイーサリアムを購入できるので、他社よりも安くイーサリアムを入手できます。

まだ登録していない方は、無料登録しておきましょう。
ビットバンクの詳細を見る

最後に:LLACで生き方をアップデートしよう

LLAC NFT

ということで、今回はNFTコレクションLLAC(Live Like a cat )を紹介しました。
以下、記事の内容のおさらいです。

  • LLACは「ネコのように生きる」をテーマにしたNFT
  • 価格は0.001ETH(約200円)で12月28日リリース
  • LLACはリリース後のユーティリティに期待できる

LLACは、コンセプトやテーマ・思想のようなものが明確で競合と明確に差別化されているNFTコレクションです。

僕自身もLLACのリリースをとても楽しみにしています。
LLACの躍進にワクワクしつつ、リリースを待ちましょう。

まだ無料コミュニティに入っていない方は、入って損は1つもないので気軽に参加してみてください。
LLAC無料コミュニティ