【最強の投資家集団】a16Zが投資している仮想通貨プロジェクト5選!


a16Z(アンドリーセンホロイッツ)の投資する銘柄は、上昇確率が高いと聞いたけどどこに投資をしているんだろう。a16Zの投資先が知りたい。

 

今回は、この悩みを解説します。

 

この記事の内容

  • a16Zとは?
  • a16Zが最強のベンチャーキャピタルと呼ばれる理由
  • a16Zの投資先5選

a16Zとは?

a16Zは、アメリカ最大手のベンチャーキャピタルです。(ベンチャー企業に投資する会社)

管理している資産は、100億ドル(約1兆円)を軽く超えています。

暗号資産部門では、31億ドル(約3520億円)で、クリプト系のベンチャーキャピタルでは、トップの資産です。

 

Facebook, Airbnbなど、現在は有名な大企業の創業時から投資をしていました。

 

ちなみに、創業者はマーク・アンドリーセンとベン・ホロウィッツ。二人あわせてアンドリーセン・ホロウィッツです。

実は、日本でも話題になった本・HARD THINGS(ハードシングス)を書いたのは、ベン・ホロイッツでした。

 

a16Zの何がすごい?

 

a16Zのすごい点は、前述した資産だけでなく、社員の実績にあります。

現在は、240名の社員がいますが、ほとんどが成功したテクノロジー企業の元創設者/CEOまたは、CTO(最高戦略責任者)です。

事業を売却した億万長者が集まっています。

 

a16Zは

 

・社員1人1人が、起業家目線で投資判断ができる

・豊富な資金量で投資先の援助が可能

・数々の投資を成功させた実績

 

この3つの理由で、投資家から信頼されています。

 

a16Zの社員の経歴はこちら。

⇛https://a16z.com/about/team/

 

a16Zが投資している仮想通貨

a16Zが、投資している仮想通貨のプロジェクトをまとめました。

  1. DFINITY(ICP)
  2. Solana
  3. NEAR
  4. UniSwap
  5. Cero

a16Zの投資先①:DFINITY/ICP

Dfiniyは、既存のインターネットを、ブロックチェーン上に再構築することを目指すプロジェクトです。

Web3.0領域に分類されます。

 

もう少し具体的に言うと、

ICPは、「アマゾンウェブサービス」や「Google Cloud」「Azure」などクラウドサービスをブロックチェーンを使って再現しようとしています。

 

現状のインターネットサービスは、GAFAが独占中です。

ほとんどの人がネットを使っているので、僕らの生活はGAFAに左右されると言っても過言ではありません。

 

GAFAが障害を起こすと、世界中で不便が発生します。

実際2021年9月に、アマゾンのAWSが障害を起こしました。

ICPは、GAFAによる個人データの独占・権力が集中しすぎている問題が解決しようとしています。

 

また、ICPは、ビットコインに接続予定です。

ビットコインに、スマートコントラクト機能を搭載して、お金の流通をしやすくしようとしています。

 

a16Zの投資先②:Solana/Sol

「イーサリアムキラー」筆頭のSolana(ソラナ)は、a16Zの投資先です。

2021年、最も躍進したブロックチェーンと言っても過言ではありません。

 

ソラナの強みは、高速且つ安いトランザクションです。

1秒辺りのトランザクション(TPS)は、50,000回と超高速で設計されています。

(イーサリアムは13回)

 

TVL(Total Value Locked)と呼ばれる、ソラナ上でロックされている資金は11億ドル(約1100億円 2021年12月現在)を超えました。

 

また、2022年以降もソラナ上のNFTゲーム・STAR ATLASは、話題があります。

今後も上昇が期待できる銘柄の1つです。

 

a16Zの投資先③NEAR

NEARも、Solana同様レイヤー1プラットフォームです。

a16Zからは、こう評価されました。

 

高性能のプログラム可能なブロックチェーンにより、分散型ネットワーク開発がはるかに利用しやすくなります。何年にもわたる研究開発の結果、近い将来、多くの次世代のプログラム可能なブロックチェーンが展開され始めることに興奮しています

 

特に、環境面に定評があり、NEARが生産する二酸化炭素の量は、他のブロックチェーンの1300分の1。

South Poleという、脱炭素を推進する団体から賞を授与され、パートナーシップを締結しました。

 

a16Zの投資先④UniSwap

UniSwapは、イーサリアム上のDEX(分散型取引所)です。

UniSwapが開発した、AMM(自動マーケットメーカー)によって、DeFiは大きく発展しました。

 

AMMは、管理者を必要とせず、自動でコインの交換ができる仕組みです。

自分の仮想通貨をUniSwapのプールに預けておくと、コインを交換するトレーダーの手数料が受け取れます。

「流動性を提供する」とも言われています。

 

シンプルなデザインで、慣れれば操作はカンタンです。

 

a16Zの投資先⑤Celo

Celoは、金融サービスを利用できない途上国に、ステーブルコインやスマホ決済アプリを提供するプロジェクトです。

金融サービスが受けれる人口を広げようとしています。

(金融包括と呼ばれています。)

 

日本に住んでいるとイメージがわきづらいと思いますが。。。

世界にはスマホは持っているけど、銀行口座を持っていない人がたくさんいます。

 

・電話番号で仮想通貨を送れる送金アプリ

・公共料金の支払いに利用できるステーブルコインの発行

 

など、サービスを提供中です。

 

世界中に平等に金融を届ける。という使命に共感する投資家は多く、Twitter創業者のジャック・ドーシーもCeloを支援しています。

 

巨人の肩に乗るのも「あり」です。

a16Zの投資先をマネする戦略は、ありだと思っています。

彼らの先見性は間違いありませんし、投資したプロジェクトは成功するものが多いです。

 

投資を受けたプロジェクトは、a16Zからの支援を受けられます。

 

もちろんリスクもありますが、どの銘柄に投資すればいいかわからない。。。

って方は、a16Zの動きに注目してみるのはどうでしょうか?

動画で復習しましょう!

この記事の著者

ネテロ起業家/投資家/講演家

仮想通貨に投資をして生活してます/飲み会が嫌で就職せず→FXを5年継続→暗号投資家/江ノ島に移住しました/投資で稼ぐ方法・最新の情報を発信。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る