【株式会社の未来】DAOの基礎知識・活用事例をやさしく解説!

「DAOで働き、DAOから給料をもらう。」

こんな時代が到来しています。

 

こんにちは、ネテロです。

今回は、株式会社の未来と言われているDAOを解説します。

 

具体的には、

  • DAOの基礎知識
  • DAOの代表例
  • DAOの課題

を解説していきます。

DAOは仮想通貨とも、深く関わっていてDAOの理解は投資で勝つために欠かせません。

DAOを理解することで、仮想通貨プロジェクトの理解度が増し、パフォーマンスが上がる可能性が高いです。

 

DAOとは何か?

DAOは、

 

・D⇛Decentralized (分散化された)

・A⇛Autonomous(自律した)

・Organaization(組織)

 

自律分散型組織の略称です。

わかりづらいと思うので、もう少しかみ砕いて説明していきます。

 

現状の組織は、経営者⇛部長⇛課長⇛平社員のように、上から下へ指示系統が出来上がっているはずです。

 

一方でDAOは、トップの運営者が存在しません。

構成員1人1人に権力が「分散」されています。

 

組織の意思決定は、ガバナンストークン(投票権)を通じて、ブロックチェーン上で行われます。

 

DAOのメリット

DAOのメリットは、以下2点です。

 

・透明性がある

・インセンティブ(報酬)が公平に支払われる

・プライバシーが守られる

 

前述したように、組織の意思決定はブロックチェーンを使って行われるため、意思決定プロセスが明確にわかります。

(投票数など)

 

また、報酬も構成員の投票で決められ、経営者や株主が利益を独占することはありません。

既存の株式会社よりも、公平な仕組みですね(/・ω・)/

 

3つめのメリットとして、会社に個人情報を渡さずに働くことができます。

世界では、戸籍や身分証がない人達もたくさんいるため、DAOが一般化されれば、多くの人々に雇用がひらかれることになるでしょう。

 

DAOが運営しているプロジェクト

 

DAOが運営している代表例は、以下3点です。

 

1.ビットコイン

2.ユニスワップ

3.コンスティチューションDAO

 

1.ビットコイン

ビットコインは、DAOの典型的な代表例です。

ビットコインを考案したのは、「サトシ・ナカモト」ですが、組織のトップに位置する人物は存在しません。

 

ビットコインを運営しているのは、トランザクションを行うマイナーです。

マイナー1人1人が自律していて、権力も分散されています。

 

まさに、DAOです。

 

2.ユニスワップ

ユニスワップは、イーサリアムのブロックチェーン上にある「分散型取引所」です。

AMM(自動マーケットメーカー)と言われる技術を作り、人件費や仲介手数料の削減に成功しました。

 

2021年12月に、ガバナンストークンを使った投票を実施。

議題は「ユニスワップに、ポリゴンチェーンを接続すべきか?」です。

 

このように、意思決定は投票で行われます。

 

ちなみに、90%以上の賛成率で可決されました。

3.コンスティチューションDAO

DAOが評価され、話題となった理由の1つがConstitution(コンスティチューション)DAOでしょう。

2021年最もバズったプロジェクトの1つです。

米国憲法のコピーをオークションで競り落とすことを目的として、DAOが作られました。

 

コンスティチューションDAOは、コピーの競りに失敗したものの、1週間で4000万ドル(約45億円)の資金調達に成功。

プロジェクトが終わった後、DAOのネイティブトークンのPEOPLEは上昇を続けました。

 

コンスティチューションDAOは、DAOの威力とDAOの長所を世界中に知らしめ、DAOの権威性を上げる火付け役となっています。

 

DAOの課題

DAOにも課題があります。

権力を分散させるのが、難しい点です。

 

ガバナンストークンを多く持っている人は、自分に都合の良いように投票して、意思決定ができてしまいます。

 

BSC(バイナンス・スマート・チェーン)のVenusというレンディングサービスで、明らかに悪意のある投票が行われました。

 

ざっくり説明すると、Venusが敵対的買収をされそうになっていました。

買収先の組織が、Venusのガバナンストークンを多く持っている状況で、投票が行われ、

賛成は129万票、反対119万票という結果に。。。

 

賛成こそ多いものの、賛成したアドレスは16。反対したアドレスは39です。

 

つまり、一部のガバナンストークン保有者が、大量に投票することで合意を得ました。

 

そこでBSCの運営者は、買収させないために、投票自体を無効にする措置をしています。

これって、おかしいですよね。

投票ですべて決められるはずなのに、運営者が権力を行使しています。

 

今回は、組織を守るためとはいえ、線引きが曖昧で完全なDAOとは言い難い。

現状のDAOには、こういった課題があります。

 

DAOに投資する未来

株式会社ではなく、DAOに投資する。という未来はそう遠くはないと思っています。

2021年4月、アメリカのワイオミング州は、DAOの法人化を認める法案を可決しました。

DAOの存在が公的に認められた、最初の例です。

 

DAOが資金調達をした例だと、

 

・BitDAOというプロジェクトは、2497人の投資家から230万ドル(約2億6000万円)

・分散型プロトコルのSynadicateは、2000万ドル(約22億円)

 

それぞれ、資金調達に成功しています。

DAOへの投資や、DAOが発行するトークンを購入する。と言った動きはさらに加速するでしょう。

この記事の著者

ネテロ起業家/投資家/講演家

仮想通貨に投資をして生活してます/飲み会が嫌で就職せず→FXを5年継続→暗号投資家/江ノ島に移住しました/投資で稼ぐ方法・最新の情報を発信。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る