暗号のコンパス Written by Netero

【仮想通貨】Lido(LDO)の特徴や将来性を解説する!(ステーキング市場の王者を調査する)

アルトコイン


仮想通貨のLido(LDO)ってどんな特徴があるんだろう。Lidoについて知っておいた方が良い知識を知りたいな。

今回は、こういった疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • Lido(LDO)の概要を解説する
  • Lido(LDO)には欠点がある
  • Lido(LDO)に将来性はあるか?

なお、この記事を書いている僕は仮想通貨を軸に生計を立てています。
大手メディアでも仮想通貨に関する執筆の経験あり。投資家とライターの立場から執筆しています。

Lido(LDO)の概要を解説する

仮想通貨 Lido

Lido公式サイト

Lido=イーサリアムのステーキングを代行するサービスです。

Lido にウォレットを接続してイーサリアムを預けるだけで利回りがもらえます。
現在、Lidoは「ステーキング代行サービス」で市場を独占中。

なんと、全体の31.47%がLido にステーキングされています。(数字は変動しています)

僕たちユーザーが支払う手数料は、ステーキング報酬の10%。
トータルのステーキング量は膨大なので、Lidoはめっちゃ儲かっているはず。(笑)

なんで手数料を払ってまでステーキングをしてもらうのか?

「なぜユーザーは、10%の手数料を支払ってまでステーキングを代行するのか?」こんな風に思いませんか?
利回りを少しでも増やすなら、手数料は0%(自分でステーキングする)の方が良いはず。

それでも投資家がLidoを使う理由は、イーサリアムのステーキングが難しすぎるからです。
この記事を見ているあなたは、以下の条件でイーサリアムのステーキングをしたいと思いますか?

  • ステーキングには32ETH(約1,000万円)必要
  • 高スペックのPCが必要
  • PCを24時間稼働
  • 停電が起きてPCの電力が尽きたらスラッシング(罰金)

上記は、実際のイーサリアムでステーキングする際の条件です。
多くの人の声を代弁すると「めんどくさ….」と思ったはず。

そこで、Lidoのステーキングサービスの出番ってわけですね。

Lidoのステーキングサービス

Lidoのステーキングサービスの特徴は、以下の3つです。

  • 少額からステーキング可能
  • ウォレットを接続するだけなので簡単
  • ETHを預けてstETHがもらえる

3つめだけ意味不明だと思うので、解説していきます。

ETHを預けてstETHがもらえる

stETH=ETHの預かり証です。


この預かり証をもらうメリットは、「預かり証自体をDeFiで運用できる」ことです。
これが、Lidoのステーキングサービスが人気の理由です。

例えば、Lidoを使えば以下のような運用が方法ができます。

  • ①:LidoでETHを年利4%で運用する。
  • ②:もらったstETHをCuveに預けて年利10%で運用する
  • ③:合計14%の利回りゲット

(利回りは執筆時点)

どうでしょうか?結構よい利回りがもらえますよね。
stETHを運用できるDeFiは、公式サイトに掲載されています。

ちなみに、このLidoの仕組みを「リキッド・ステーキング」と呼んだりもします。
一般的なステーキングは、利回りをもらうために資金を「ロック」しなければいけません。Lidoの場合は、資金を動かせます。

イーサリアム以外のチェーンに対応

わかりやすさを優先して、冒頭では「イーサリアムのステーキング代行」と書きましたが、Lidoはマルチチェーンに対応しています。
つまり、イーサリアム以外もステーキングできます。

Lidoでステーキングできるトークンは、次の通り。

  • ソラナ(SOL)
  • クサマ(KSM)
  • ポリゴン(MATIC)
  • ポルカドット(DOT)

上記のトークンを預けると、イーサリアムと同じように「stSOL」や「stMATIC」がもらえます。
Lidoが躍進した理由は、このように「マルチチェーン展開」したことも理由の1つです。

Lido(LDO)には懸念点がある

Lidoは素晴らしい仕組みだと思いますが、「欠点」とも呼べる懸念点があります。
懸念点とは、次の2つです。

  • ①:Lidoに権力が集中しすぎている
  • ②:今後、ステーキングサービスの競争が激化する可能性あり

1つずつ解説していきます。

①:Lidoに権力が集中しすぎている

現在、多くのユーザーがLidoにイーサリアムを預けることで、以下のリスクが発生しています。

  • Lidoがイーサリアムを悪用する可能性
  • イーサリアムを攻撃したい人がLidoを集中攻撃する

上記の通りです。
こちらの記事でもLidoの懸念点が解説されています。)

「せっかくイーサリアムは分散化をウリにしているサービスなのに、イーサリアムをLidoに集めるのはいかがなものか?」
という批判が挙げられています。

また、Lidoのガバナンストークン「LDO」は上位100人が供給量の93.1%を保有中です。

つまり、

  • イーサリアムがLidoに大量に集まる
  • Lido内部では上位100人が強い権力を持つ
  • イーサリアム=LDOホルダー上位100人に影響を受ける

このような懸念点があります。

現状は「Lidoは今のままで儲かっているから、悪質なことをわざわざする必要はないよね」というのがユーザーの共通認識です。
とはいえ、Lidoの権力集中化問題は「潜在的なリスク」であることに違いはありません。

また、イーサリアム創業者のヴィタリック・ブテリンはLidoの権力集中化問題について、次のようにコメントしています。

  • 集中化リスクは間違いなく懸念点ではある
  • とはいえ、過度な規制は良くない
  • Lidoは複数の事業者にステーキングを依頼しているので、分散化はされている

(ソースはこちらの英語記事)

リスクはあるものの、そこまでの問題なのか?といった見解ですね。

②:今後、ステーキングサービスの競争が激化する可能性あり

今後、Lidoのようなステーキング代行事業者が増えると「競争」が激化する可能性があります。
そうなったらLidoは現在のポジションをキープできるのか?わかりません。

Lidoの競合となるステーキングサービスが増えるのか?

と疑問に思う方もいるかも知れませんね。

答えはYesです。増える可能性ありだと思います。
理由は、Lidoのやっている事業は簡単に真似できるからです。

Lidoのサービスの仕組みは、次の通りです。

  • ユーザーからお金を集める
  • ステーキング代行業者にステーキングを依頼する
  • 仲介手数料を受け取ってユーザーに利回りを返す

どうでしょうか?

中間マージンで稼ぐ広告代理店とかと同じ仕組みですが、広告代理店は星の数ほどありますよね。
ということは、Lidoはこれから競争にさらされる可能性があると思いました。

実際に、ソラナの「Marinade」やアバランチの「Benqi」のように、ステーキング代行でシェアをとっているサービスがあります。
また、イーサリアムチェーンでも「Rocket Pool」や「Swell」といったステーキング代行業者も少しずつ台頭中です。(現在は圧倒的にLidoに負けています。)

競争が激化しても、Lidoが同じポジションに居続けられるのか?注目ポイントだと思っています。

Lido(LDO)に将来性はあるのか?

結論は、あると思っています。(投資判断はDYORでお願い致します。)
しかし、僕はLDOホルダーなので、ポジショントークだと思ってください。

理由は、以下3つです。

  • ①:ステーキング市場の拡大
  • ②:進む開発
  • ③:莫大な資金調達

①:ステーキング市場の拡大

ステーキングの市場は拡大すると予想されています。

 市場が成長すれば、当然市場を独占しているLidoも伸びますね。

②:進む開発

最近だと、Lidoはレイヤー2の実装を発表しました。

 レイヤー2の実装によって、ユーザーが支払うガス代(手数料)が安くなります。
Lidoでのステーキングがより便利になりますね。

③:莫大な資金調達

Lidoはステーキング収益だけでなく、十分な運営資金を確保しています。

 なお、Lido に投資をしているVC(ベンチャーキャピタル)は、クリプト業界のトップVCです。

  • a16z
  • コインベースベンチャーズ
  • アラメダリサーチ
  • デジタルカレンシーグループ

資金調達額だけでなく、投資をしているVCの質も良い。この2点はLidoの信頼性を高めています。
以上、3つがLidoに将来性ありと思っている理由でした。

大事なことなので繰り返しですが、NFA(ノット・フィナンシャル・アドバイス)です。

最後に : Lido(LDO)に注目して損はないと思う

Lido(LDO)は、リキッドステーキングの先駆者として成長を続けています。
僕自身は、今後のLidoの成長や前述した競合に負けない仕組みを作れるか?という点に注目したいです。

なお、Lidoのようなプロジェクトを調べる際は、以下の記事の方法を実践しています。
効率的に仮想通貨の学習がしたい方は、どうぞ。

効率的なアルトコインの勉強方法を解説する

最新の発信はこちら

最新の情報はTwitterYouTubeでしています。興味がある方はぜひ(‘ω’)ノ