【未経験で2億稼いだ..??】NFTトレードの手順をやさしく解説!

こんにちは、ネテロです。

今日、こんな動画を見ました。

 

すごいですね…..うらましい(笑)

この動画を見て、

「NFTトレードのやり方をカンタンに教えてほしい」

「NFTトレードのデメリットや注意点はないのかな?」

こんな風に悩む方も多いと思います。

 

そこで今回は、NFTトレードについて解説していきます。

具体的には、

 

  • そもそもNFTとは?
  • NFTトレードのメリット
  • NFTトレードの注意点

 

を順番に解説していきます。

 

NFTトレードで、劇的に収入が上がる可能性があります。

ぜひ最後まで見て参考にしてください。

 

NFTとは?

NFT=Non・Funjible・Token(非代替性トークン)の略称です。

意味不明だと思うので、もう少しかみ砕くと

「世界に1つだけのデジタルデータ」です。

 

ブロックチェーンの技術によって、データにシリアル番号が割りふられます。

それぞれのデータの「トークンID」は変わることがありません。

トークンIDによって、本物かどうか?が一瞬でわかります。

 

今までのアート業界は、違法コピー,盗作,海賊版など負の側面がありました。

NFTは世界に1つだけのもの。と証明できるので、希少価値が増し高値で売買されています。

 

ちなみに、画像だけでなく動画・音楽・文章などなど…さまざまな作品がNFTへ変換可能です。

NFTトレードのメリット

NFTトレードの現状のメリットを、まとめました。

以下3点です。

 

1.成長産業なのでお金が稼ぎやすい

2.価格が高騰している

3.海外向けに商品を販売できるので単価が高い

 

1つずつ順番に、解説していきます。

 

1.成長産業なのでお金が稼ぎやすい

 

成長産業=成長率の高い産業です。

成長産業でビジネスをすると、自分が何もしなくても市場自体が大きくなってくれるので、お金が稼ぎやすくなります。

 

例えば、

ガラケーとスマフォの例がわかりやすいですね。

 

10年前、iPhoneがでた当時はアプリを開発すればiphoneのユーザー数が勝手に増えていくので、アプリ開発は稼ぎやすい事業でした。

 

一方で、ガラケーを基盤にした事業は衰退してしまったはず。。。

「着メロ」なんかが良い例です。

 

まさに、今のNFTは10年前のスマフォと同じ。初期ユーザーしかいません。

チャンスは大きいですね(‘◇’)ゞ

 

2.価格が高騰している

 

現状のNFTは、かなり高値で取引されています。

理由は、3つ。

 

①.誰もNFTの適性価格を知らない

②.イーサのガス代が高い

③.富裕層が参入している

 

などがあげられます。

 

特に、③は大きいと思っています。

現状のNFTに参入しているのは、間違いなく情報感度が高い方です。

そういった方は、時間とお金に余裕のある富裕層ばかり。。。

とうぜん、価格もあがります。

 

3.海外向けに商品を販売できるので単価が高い

 

世界を相手に商売ができるのは、NFTトレードの大きなメリットです。

単純に、海外のコレクター=お金持ちというだけではありません。

 

現在、世界的に物価・給料が高騰しています。

日本は、物価が安く給料も上がってない。。

 

もっとわかりやすくいうと、

日本人の1万円の価値と、アメリカ人の1万円の価値はまったく違います。

カリフォルニアでは、年収1400万円でも低所得者扱いらしいです( ゚Д゚)

スタバの給料の時給が3000円を超えている世界。

 

当然、外貨を稼いで日本で暮らせば豊かになります。

NFTトレードは、外貨で稼ぐカンタンな方法です。

 

NFTトレードの具体的手順

NFTトレードは、意外にも超カンタンです。

難しい手続きは必要ありません。

具体的手順は、以下5点。

 

  1. 日本の取引所で口座開設
  2. メタマスクのウォレット作成
  3. オープンシーでアカウント作成
  4. メタマスクへイーサを送金
  5. オープンシーでNFTトレード

 

1つずつ順番に解説していきます。

 

1.日本の取引所で口座開設

まずは、日本の取引所を解説します。

手数料が安く操作もしやすいので、おすすめはフォビジャパンです。

無料登録はこちら

2.メタマスクのウォレット作成

メタマスクは、イーサベースのウォレット(電子財布)です。

入金・送金・スワップができます。

イーサ上のアプリは、だいたいメタマスクがあれば操作できます。

作っていない方は、1つ持っておきましょう。

3.オープンシーでアカウント作成

NFTマーケットプレイスはたくさんの種類がありますが、現状は取引量1位のオープンシーがおすすめです。

有名NFTが多く、NFTの種類が豊富なので、トレードしやすいと思います。

4.メタマスクへ送金

送金の手順としては、

①取引所で日本円の入金

②イーサに変換

③イーサをメタマスクへ送金

これだけです。

アドレスを間違えると、イーサが消えるので要注意です( ゚Д゚)

5.オープンシーでNFT購入

気になるNFTを購入してみましょう。

日本のクリエーターの方がやり取りがスムーズなので、最初は日本人のNFTが良いと思います。

購入したら、再度マイページで販売します。

NFT転売の注意点

NFTトレードは、めちゃくちゃ稼ぐチャンスがありますが、同時に注意点もあり解説します。

 

1.少額から始めましょう

 

「NFTトレードに人生をかける!!貯金を全額ツッコむぜ!!(/・ω・)/」

もしあなたがこんな風に思っているなら、辞めてください(笑)

 

NFTトレードは、儲かるといっても多少の目利きが必要ですし、不慣れな状態で操作ミスをしたら大変です。

必ず少額で試して「これはいける!」と思ったら、アクセルを踏む。

投資やトレードの基本です。

また、

・ノーリスクで始めたい

・自分のお金でやりたくない

こんな方向けに、無料で資金を作る方法も解説しています。

完全にとは言いませんが、多少は助けになるでしょう。

2.セルフGOX

 

GOX=自分の持っている資産(仮想通貨)がなくなったり、取り出せなくなったり、盗まれたりすることです。

 

わかりやすい例としては、

送金する際のアドレスのミスなんかが多いです。

 

イーサチェーンで送らなければいけない時に、ポリゴンチェーンで送ると、お金は消えます。ほぼほぼ、戻ってきません。

 

セルフGOXを防ぐために、慎重に1つ1つの操作をおこないましょう。

「とりあえず、色々やってみよう!ガチャガチャやってたら操作も覚えるっしょ!(/・ω・)/」

こんな風に思っている人は、全員死にます(笑)

 

オープンシーで売買をする場合は、まぁ大丈夫だと思いますが、他の取引所など使用する際は、注意が必要です。

 

まとめ:NFTトレードは稼げる!

 

NFTのトレードは、ほぼ誰もやっていない時代です。

まさに、ブルーオーシャン。

 

ただ、NFTが大衆にも一般化されると稼げる額はもちろん減ります。

今から、iPhoneアプリ作っても競合多すぎて儲からないですよね?

それと同じです。

 

興味がある方は、後悔しないように挑戦してみましょう。

PS.

最新情報は、ツイッターで発信してます。

良ければフォローどうぞ!

暗号投資家ネテロ

この記事の著者

ネテロ起業家/投資家/講演家

仮想通貨に投資をして生活してます/飲み会が嫌で就職せず→FXを5年継続→暗号投資家/江ノ島に移住しました/投資で稼ぐ方法・最新の情報を発信。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る